<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

訪問着   

e0128326_916384.jpg

訪問着を作っていたのですが…。なんと衿先の止め辺りからしか写真がありません。坂田藤十郎さんのデザインの訪問着ですが、全体の写真を撮っていません。又の機会に~。

訪問着と言うことで、本仕立てをお稽古しました。
本仕立てとは:表と裏と別々に二枚の着物を縫うように作業を進めて出来上がると、裾を作ります。それから背縫い、脇縫い、衿など、中綴じをして一枚の着物に仕立てるのです。

じゃ今までの仕立て方(この方が一般的)とは:表裏別々に塗っていって、衿を除く部分を縫い上げたら、裾綴じをします。次に中綴じをし、褄、袖付けなど等仕上げて、最後に衿を表裏一緒に縫って出来上がり。
したがって衿先の止めが大きく違います。上記の写真は正にその部分、本止めをしているところです。

1、表、衿先縫い止めから2ミリ先に針を入れる、身ごろ下からきせ山へ。
2、衿、下からきせ山へ。
3、裏衿、きせ山から下へ。
4、裏身ごろ、きせ山から下へ。
5、1、の糸端と結んで撚って出来上がり。

e0128326_9184214.jpg

衿の中の始末。衿の中には、身ごろ、おくみ、三つ衿芯など、色んな端布が重なっています。それを折り合いよく整えて、衿縫い代部分に綴じて、出来上がったときに中が動かないようにします。

e0128326_9185250.jpg

最後に衿下を綴じて出来上がりです。褄をきれいに整え、綴じて行きます。上前裏部分です。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2010-12-19 09:06 | 和裁のお稽古

塵除け二点   

e0128326_836084.jpg

更新が止まっていました。前回の道中着は…?まだ出来ていません。この間、他の作品に取り掛かっていました。
まず、塵除け。塵除けとは着物全体を覆うような上着です。上の写真の物は紬の着物のリフォームです。お袖を普通の形にしているので、お出掛けの時、特に車に乗ってシートベルトをする時など、着物を保護するのに役立っています。
若い頃着ていた紬で作りましたが、その頃着ていた私の着物は何故か着丈が短くて…。もっとも昔の着物は着丈が短いと決まっていますが、多分腰紐の位置が今と昔では違っているのでしょう。とに角このまま着物に仕立て返しても、私の娘達にも短い着物になるので、思い切ってはさみを入れました。
七五三で着物を着た娘用に作りました。小さい子供と一緒の時など、着物を汚す心配から守ってくれます。

e0128326_8362887.jpg

これはウールです。これも塵除けですが、袖口を絞っています。お茶水屋仕事の時使う物です。
母は久留米絣で作って、家事の時に着ていました。久留米絣でも作ろうと準備しているのですが~。久留米絣の藍が着物にうつらないかとちょっと気になります。まぁ~、普段着用にするといいかもしれませんが~。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2010-12-17 23:33 | 和裁のお稽古