<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

紬袷の出来上がり   

e0128326_10393391.jpg
e0128326_10394675.jpg
紬の袷が出来上がりました。先週のお稽古を休んだので、お仕立て上げリが遅れたけど、きれいに出来ました。早速帯を合わせて~、遊んでみました。イカットを思わせる織りの帯です。小物をオレンジ系で合わせてみましたが、ちょっと取り合わせを考える余地がありそう~。
e0128326_1040370.jpg次はリフォーム帯を合わせました。昔流行った絞りの羽織のリメイクです。
e0128326_10401875.jpg

紬の着物を縫ってる最中、白い帯が合いそうだなぁ~、と考えていた私は、この取り合わせが気に入りました。春の日差しの中ではちょっと厚ぼったく感じますが、新春のお出掛けにはこの取り合わせが良いと思います。

e0128326_1133232.jpg刺し子の帯も合わせてみました。
e0128326_1134793.jpg
この取り合わせも気に入りました。今週末のお出掛けにこの取り合わせで~、と考えています。小物をもう少し考えて見ましょう。写真には収めませんでしたが、ちりめんの帯も良い感じになりました。こんな風に遊んでいる時が私の至福の時間です。来月からちりめんの袷二枚に取り掛かります。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2009-04-24 23:31 | 和裁のお稽古

教材二点   

紬が仕上がったら、次の教材は長く手元に置いているちりめん二枚を、袷に仕立てます。袷は八掛を合わせることも楽しみな点で、いつも散々迷って合わせます。
e0128326_1310079.jpg

黒地(写真の色が悪いのですが)に鈴と桜の花びらが散っているこの反物は、5年ほど前に一目ぼれで買いました。その時に一面に桜の花びらが散っている八掛けを合わせて買っていたのですが。すぐに仕立てなかったことで今それを合わせて見ると自分の気持ちにしっくり来なくて鈴の中の一色の紫を合わせることにしました。八掛けの色もピンクに写っていますが、優しい地味な紫色です。

e0128326_1394840.jpg

この反物は、ネット販売で買い求めました。和裁仲間から 「大胆な買い物をしたね」 と言われましたが。その通りでパソコン画面で見た時は地色の黄色がベージュ色に見えたのです。ちょっとイメージと違っていたこともあって、これも長い間箪笥に入れていました。教材には丁度良いのではないかと、今回仕立てをする事にしました。八掛けの色で全体に爽やかな感じが出て4月の終わりから、5月に掛けて着ると良いのでは~、と少し楽しみになって来ました。

しっかり覚えこむために、二枚同時進行で仕立てようと考えています。黒地のちりめんは和裁教室で先生に見てもらい、柄合わせをしてもう裁っています。黄色のちりめんを今日家で自力で裁ち合わせをしました。黄色の方は、立て柄なので柄合わせの必要はありません。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2009-04-05 13:51 | 和裁のお稽古

春の色です   

e0128326_23432686.jpg

↓の帯が仕立て上がって次の教材は、袷を仕立てることにしました。この紬は昨年9月裁ち合わせをしたものです。先生が苦心して柄合わせをしてくださいました。背縫いの柄合わせがきれいに整っています。(柄合わせのこと)
でも何故か仕立てないままになっていて、春めいてきた3月、思い立ちました。やはり春の色なんでしょうか~、仕立てることが大変楽しみになっています。

e0128326_2305948.jpg

着物は、袖、身頃、おくみ、に裁ってしまうと次ぎはヘラ付けです。へらが付くとある程度まで家で縫っていくことが出来ます。気分が乗っている私は、お袖も縫って、身頃、おくみ、全て真っ直ぐ、真っ直ぐ、家で縫ってしまいました。袷ですので裏も八掛けも同様に縫いました。

「お袖の丸みが左右同じではない様に見えます」と先生。私は同じに縫った積りですので、そこのところが技術が伴わない結果なのでしょう。次回作の課題として、心に留めておきました。

e0128326_2334881.jpg

褄も出来上がりました。下前(左)は先生の作です。上前(右)は私が作りました。ふき布の折り方が甘くて、出来上がりが硬く、柔らかい表情が出ていなかったのですが、先生のワンポイントレッスンできれいになりました。

e0128326_2335581.jpg

身八つの縫い方もお勉強の一つです。身八つもきれいに出来て、そして今日のお稽古で、お袖が付きました。後は衿をつけるのみです。ただここで問題が発生しました。この紬は丈が短く(紬では普通のことです)、掛け衿を希望通り長く取ると、地衿が足らなくなるのです。それで地衿をつなぐ方法を取ることにしました。それでひとまず今日のお稽古はここまで。(着物の色は一枚目の写真が実物通りの色です)
[PR]

by tsubara_tsubara | 2009-04-02 22:55 | 和裁のお稽古