<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

お袖   

e0128326_23332750.jpg結城の着物は、身頃表と身頃裏は縫い終わり、まだ作ってない袖の作業に入りました。先週袖裏の縫い方を習って、作り上げています。昨日のお稽古で先生が左袖を作り、私がそれを見ながら右袖を作る、といった作業をしました。そして今日、ノートを見ながら仕残した作業が終わり、お袖が出来ました。

私が知ってる袖の作り方と微妙に違っていて、考え方が簡単でした。例えば以前習った方法は、左右の袖を作るため、表布と裏布とを合わせ、袖口を作るときから左右を決めていました。袖口の留めなど大変難しかったことを覚えています。

今回習った方法は、袖口下を縫うときだけ、左右を意識して作るよう縫いますが、その他は、全て同じ方向に向けて縫ってよいのです。以前の方法を忘れてしまわないと今回の簡単な方法は頭の中にすっと入っていきません。袖下の縫い方にしても、ごろごろと厚みが出ないように斜めに折って縫っていくところをそうしないで、普通に縫い、縫った後斜めに折る、とか~。どうも左右の袖がこのやり方で出来るのか不安でした。

e0128326_23312398.jpg

きれいに出来た袖にしつけをして、写真のように袖口に型紙を入れ、ピンと伸びるようにします。

e0128326_23313883.jpg

日本てぬぐいに霧吹きをし、少し湿った状態にして袖の上に置きアイロンをかける。袖口三分位はかけない。袖下も丁寧にかけて、袖巾のヘラをして、振り縫いに入ります。以前は袖下にアイロンかけをしてはいけない~、のではなかったかと、記憶していますが~。丁寧にどこもかしこもアイロン掛けをしました。

振り縫いは、表布と裏布を駆け引きしながら、つらない様にきれいに縫う工夫がありました。文章で書くのは難しいけど、ノートには記しています。

来週のお稽古は身頃の表と裏と合わせて裾を縫う作業に入る予定です。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-10-18 00:06 | 和裁のお稽古

小倉城祭り茶会での着物   

e0128326_21345567.jpg

11日に行われた小倉城祭りのお茶会にはこの着物を着て行きました。袷シーズン始めはこの着物からです。着物を選ぶ時、行く先、目的、気分などから選びますが、今回はまだ気温が高いことと、お茶会と言っても気の張らない場所なので、割と気に入ってるこの着物にしました。

模様はエジプトやペルシャの遺跡にある絵を藍で染めています。一目惚れで買った着物ですが、合わせる帯に苦心します。今日は、花織風真綿バンブー和紙織りと説明のある帯にしました。写真で見ると地味目に写っていますが、この帯も気に入っています。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-10-12 21:47 | 和裁のお稽古

Sちゃんの着物   

e0128326_2162472.jpg

7月に縫い始めた姪の子供の着物が出来ました。(7月の記事)12月に4歳になります。身長が標準より高い子供なので、着丈を85センチに仕立てました。今日肩上げと腰上げをして出来上がり~、かわいい着物になりました。

e0128326_216399.jpg

ついでに長襦袢も縫いました。残り布で作ったので、見えるところにピンクの生地を使い、その他の部分には白い布の残りを当てました。布をやりくりして作ったのですが、かわいいものが出来ました。袷に仕立てたのできっと暖かいと思います。

小さな着物ですが、作り方は大人物と同じですので、行程は数多くあります。2,3年は着ることを考えて大きめに作ったので、肩上げと腰上げ部分が多くなり、縫うときにちょっとやりにくかったかな~。早速明日にでも持って行こうと思っています。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-10-10 21:00 | 和裁のお稽古

結城の袷   

e0128326_231931.jpg

袖、裏布に袖口布を付けます。回し付けをします。この方法は難しくて私にとっては初めて習う方法でしたが、書いて説明するのは無理なようです。自分のお袖二枚を仕上げて、ちょっと不安だったので先輩のお袖を縫わせてもらいお稽古しました。

e0128326_2312565.jpg

胴裏は折り縫いと言う方法で仕上げます。身頃の縫い代は前身ごろ側に折るのですが、袖のところは両方に開くように折ります。それで裏地だけはそで付け部分が開かないので後身頃のヘラをひらって縫うとき、折りながら縫っていきます。こうすると一度の縫う作業で、縫い代が前身ごろは前に倒れ、後身頃は後ろに倒れることになり、作業が速く済みます。写真は手前が前身ごろ、折っているのは後身頃です。

e0128326_244384.jpg
表は全て縫い上げているので、胴裏を八賭けとつなぎ、折りきせをかけて仕上げました。まだお袖を縫っていないので来週のお稽古はお袖に」かかります。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-10-02 22:27