カテゴリ:未分類( 2 )   

今日までのこと その3 袷   

e0128326_22561074.jpg

褄の位置を決める。指でふっくらと出来上がる位置を探して、その場所に糸を付けます。

e0128326_22583948.jpg

表布に飾り仕付けをした後、衿下をくける準備をします。衿下の縫い方としては、紬までは裏返して縫い、表に返し、仕付けをします。紬以上の着物は表に飾り仕付けをした後、出来上がった状態にして絎けます。

e0128326_22562567.jpg

絎け終わったところ。裏に仕付け糸が通っていません。

e0128326_2393478.jpg

唐彩染めの着物で見ると、手前は下前の表、仕付け糸が見えます。向うは上前の裏、仕付け糸が下まで通って無い事が分かります。上仕立てです。こんなところにも、着物の格による仕立て方の違いがあるんです。

e0128326_2251970.jpg

着物の仕立ての最後の作業は、衿付けです。前の準備として、へらの内側をしつけて止めておきます。写真には撮ってないのですが、二枚とも衿付けは終わっています。今年の文化祭にはこの二枚の袷を出品します。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2009-10-16 23:19

結城の袷   

e0128326_231931.jpg

袖、裏布に袖口布を付けます。回し付けをします。この方法は難しくて私にとっては初めて習う方法でしたが、書いて説明するのは無理なようです。自分のお袖二枚を仕上げて、ちょっと不安だったので先輩のお袖を縫わせてもらいお稽古しました。

e0128326_2312565.jpg

胴裏は折り縫いと言う方法で仕上げます。身頃の縫い代は前身ごろ側に折るのですが、袖のところは両方に開くように折ります。それで裏地だけはそで付け部分が開かないので後身頃のヘラをひらって縫うとき、折りながら縫っていきます。こうすると一度の縫う作業で、縫い代が前身ごろは前に倒れ、後身頃は後ろに倒れることになり、作業が速く済みます。写真は手前が前身ごろ、折っているのは後身頃です。

e0128326_244384.jpg
表は全て縫い上げているので、胴裏を八賭けとつなぎ、折りきせをかけて仕上げました。まだお袖を縫っていないので来週のお稽古はお袖に」かかります。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-10-02 22:27