帯と着物   

e0128326_1254315.jpg

更新しない間に、帯も仕立てました。帯は何本もお稽古しましたので、一人で縫えるようになりました。掬いの帯だそうです。扇面の柄の部分が、表も裏も同じように出来ています。ジャガード織りのようです。ちなみに一般的な織りの帯の裏は、柄の部分に使っている糸がぶらぶらと言った感じで横に全て渡っています。

e0128326_126180.jpg

実はこの帯、出会いがしらに買った...んです。この着物はお気に入りの筆頭なんですが。あまりに可愛らしくて手持ちの帯とあわせると、もう着るのはむりかなぁ~、と思っていました。それでこの着物に合う帯が欲しいと、頭の隅のどこかで思っていたのでしょう~。衝動買いです。

いつも買っている呉服屋さんではないので、迷いました。呉服は高価なものなので信用のある店で買いたい、と常々思っています。

e0128326_1261260.jpg

掬いの帯は、そのひびきから縁起が良いとされています。この帯、地色が薄いピンクです。柄も椿なので季節を選ぶことなど迷った事の一つです。もう一本ベージュに山のような模様の帯が候補に上がりました。私はピンクのこの帯が好きだったのですが、長く締めたいとの思いもあって、地味な物にも気持が動き、迷ったのです。

e0128326_1262540.jpg

結局進めてくださった呉服屋さんの一言 ”好きな方を買った方が良いですよ” で決めました。出来上がると、私のお気に入りの何枚かの着物にピッタリと合います。やはり気に入ったものを選んで良かった。可愛らしすぎて気が引けていた着物達も、この帯とあわせると、まだまだ楽しめそうです。

e0128326_1263811.jpg

思わぬ効果に調子に乗って、この難物の着物にも合わせてみました。主張しない薄いピンクが落ち着いて見えて、案外合います。和裁の先生から ”扇面柄は柄を高く締めなさい” とアドバイスを頂きました。

もう一つ良いことが~、”このまま仕立ててよいですよ” の呉服屋さんの言葉に従って、すぐに仕立ててしまいましたが。和裁の先生から薄いピンクの地色が汚れやすいのでは~、と忠告を頂きました。ではどうしよう~。

こんな時に相談、相談。古くからのお付き合いの洗張り屋さんに相談すると、出来上がった形でガード加工をしてくださるとの事、うれしい!春には加工も出来上がって、この帯でお出掛け出来そうです。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-12-17 23:21 | 和裁のお稽古

<< 久々の更新 孫のアンサンブル >>