更紗リフォーム帯出来上がり   

e0128326_624348.jpg

帯が出来上がりました。しっかりとした良い帯になりました。

e0128326_6253434.jpg

先週残した仕事。アイロンをしっかりとかけて、垂れから5寸の位置に斜めしつけをして星止めをします。帯の表布、帯芯、裏布が動かないように。帯を締めた時に隠れる位置にします。この斜めしつけと星止めは手から5寸の位置とお太鼓から手に続く部分にもします。斜めしつけは最後に取ります。

e0128326_627284.jpg

名古屋帯の特徴かな~、帯から手に続く部分は三角の山に形に折ります。お太鼓の裏布はちどり掛けで表布芯に綴じ付ける。お太鼓部分を半分に折ったところに虫止めをし、その後このように穴をふさぐように綴じます。

e0128326_628262.jpg

平にするとこのようになっていて、三角の頂点に虫止め後、上記の様に綴じ付けたので奥のちどり掛けの部分が見えません。帯つくりは寸法をきちんと合わせることと(帯がねじれて出来上がるから)、アイロン掛けをていねいにする。板の様にピシッとアイロンを掛けると先生がおっしゃっていました。

e0128326_6293654.jpg

次の教材です。絞りの羽織を帯に~、と考えているのですが。この挑戦は思うほど良いものが出来ないかもしれません。羽織は生地の丈が短い事と前身ごろを欠いているのでつなぐ作業が必要です。特にこの羽織は絵羽模様なので模様の出し方、つなぎ方に頭を使います。

お太鼓部分を片身頃の背中部分でお太鼓の裏は片袖を使います。

e0128326_631688.jpg

もう一つの片身頃の背中部分が前に出るように考えています。~が、お太鼓部分から2尺の位置に前の模様が来るように計画すると、前身ごろを欠いているので手に続く部分をつなぐ作業が難しい~。締めた時に隠れる位置でつなぎたいが...。

e0128326_6315993.jpg

帯の巾は8寸、この部分は手に当たる部分なので4寸にする予定。羽織の前身ごろにつなぐ予定の生地。上手につなぐには~、回しくけ、が良いとせんせいがおっしゃったけど、縫い代は割ると考えているので、ここでもちょっと工夫が必要かも~。

出来上がる前から消極的な気分になっています。羽織のリフォームは模様の行き場など良く考えて行った方が良かったかもしれない。絹物は洗うにしても専門家にお願いするわけだし、結構なお金がかかる。今後はこんな点も考慮してリフォームを~、反省反省。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-08-07 23:21 | 和裁のお稽古

<< しぼりリフォーム帯とちりめん帯 更紗リフォーム帯 >>