大四つ身の単   

e0128326_1032465.jpg

姪の子供の着物を仕立ててます。実は私が和裁のお稽古をしているので、義姉が羽尺を持って来てくれました。羽織のお稽古にでも使って~、と。それから数年、箪笥の中に仕舞いこんだまま、今からも自分の物にする予定もないので、今3歳の姪の子供の大四つ身に仕立てることにしました。

生地は絹とウールの混紡です。背縫い部分から襟を取っていますので、断ち切りとなった背縫いを袋縫いにします。生地が厚くてなかなか折りきせも付かず苦労しています。

e0128326_10321286.jpg

袖の丸みは8センチです。大四つ身なので別におくみが付きます。羽織柄ですが、たんぽぽの綿毛のような模様がかわいい!

家で勝手に本を見ながらヘラ付けをし、ここまで仕立てました。私は娘二人を育てたので、女子のものは勝手にでもする気持が湧きます。少しでも経験があるからでしょう。でも襟は残った生地を見て、ちょっと自信がありません。長く長く、細い布が残っています。ヘラ付けをしたところで先生に見て頂きました。襟もこれでよいとのことなので、間違ってはいないのですが~。

お稽古の時に見ていただくことにして、次の作業を進めましょう。今から袖付けです。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-07-13 10:57 | 和裁のお稽古

<< 真夏の着物 甚平さん出来ました >>