半襟つけ~、   

昨年10月、今の先生に出会ってお稽古を再開したわけだけど、教材は~。

実は呉服屋さんのバーゲンなどで買いためた物が沢山あります。
今まで箪笥に仕舞われていた物が、お稽古をすると形になって、出来あがります~。今日は3枚目の長襦袢に半襟をつけて、終了。

半襟付けにもこつがあって、衣紋のあたりは引張り気味につけます。
先生はこの事を『仕事が出来るだけ、つらせてね』と教えてくれます。

言葉で教えて、必ずお手本も見せてくれる。だから覚えないと申し訳ない。
ノートにとって~、と思うんだけど、手仕事の手順をノートに言葉として書くのは難しい。

だから私は、先生の言葉通りに、その話し言葉をノートに書くのです。
その時の先生から受けた印象!、オーラのようなものが蘇ってくるように~。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2008-02-08 00:04 | 和裁のお稽古

<< 針供養 母の着物 >>