訪問着   

e0128326_916384.jpg

訪問着を作っていたのですが…。なんと衿先の止め辺りからしか写真がありません。坂田藤十郎さんのデザインの訪問着ですが、全体の写真を撮っていません。又の機会に~。

訪問着と言うことで、本仕立てをお稽古しました。
本仕立てとは:表と裏と別々に二枚の着物を縫うように作業を進めて出来上がると、裾を作ります。それから背縫い、脇縫い、衿など、中綴じをして一枚の着物に仕立てるのです。

じゃ今までの仕立て方(この方が一般的)とは:表裏別々に塗っていって、衿を除く部分を縫い上げたら、裾綴じをします。次に中綴じをし、褄、袖付けなど等仕上げて、最後に衿を表裏一緒に縫って出来上がり。
したがって衿先の止めが大きく違います。上記の写真は正にその部分、本止めをしているところです。

1、表、衿先縫い止めから2ミリ先に針を入れる、身ごろ下からきせ山へ。
2、衿、下からきせ山へ。
3、裏衿、きせ山から下へ。
4、裏身ごろ、きせ山から下へ。
5、1、の糸端と結んで撚って出来上がり。

e0128326_9184214.jpg

衿の中の始末。衿の中には、身ごろ、おくみ、三つ衿芯など、色んな端布が重なっています。それを折り合いよく整えて、衿縫い代部分に綴じて、出来上がったときに中が動かないようにします。

e0128326_9185250.jpg

最後に衿下を綴じて出来上がりです。褄をきれいに整え、綴じて行きます。上前裏部分です。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2010-12-19 09:06 | 和裁のお稽古

塵除け二点 >>