再び法衣   

e0128326_2001371.jpg

再び法衣を縫っています。和裁先輩が縫う予定だった法衣を、私が縫っているのです。しかも二人分。4枚目ともなるとちょっときれいに出来上がっています。袖の丸み。

e0128326_2002943.jpg

男子の着物は袖の振りを縫いつぶしてしまいます。人形と言うのですが。生地の縫い端のたたみかたがあります。その部分です。

e0128326_2004282.jpg

同じく人形部分の始末です。重なった部分のみちどり掛けで縫い付けます。

e0128326_2011549.jpg

ひっくり返すと人形の出来上がりです。角がしっかりと出来ました。

e0128326_20121488.jpg

袖付け。肩山から前後に10センチほどちどり掛けをします。袖を通す時、スムーズに着れる様にします。

e0128326_20123117.jpg

袖付け部分に笹縫いをします。袖付けが痛まないためにします。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2010-05-15 20:15 | 和裁のお稽古

<< 羽織のリフォーム 道中着と単 >>