道中着と単   

e0128326_19295744.jpg

道中着はこのように出来上がっています。飾り紐部分です。花の中心の色を変えて良かった。母の着物が私のコートに生まれ変わりました。この道中着は秋まで出番を待つことになります。

e0128326_19293862.jpg

次に縫っていた単も出来上がりました。お茶のお稽古に着て行った時の帯合わせです。博多帯献上柄です。独身時代の帯ですが、実はこの帯、リバーシブルなんです。その時代このような帯が流行りました。献上柄の反対は、正統な柄なんです。私は主に正統柄を締めていました。だから献上柄を締めるのは、ほぼ初めてと言っても良いくらいなんです。今の時代の博多帯と違って、丁寧に織っています。締め具合もとても良い。着物が地味なので、この帯も似合いました。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2010-05-06 19:19 | 和裁のお稽古

<< 再び法衣 単、衿付け >>