掛け衿~裾締め   

e0128326_156070.jpg

掛け襟を別掛けにすると、衿が汚れたとき外して洗うことが出来るので、着物を良く着る私は全てこの方法で仕立てます。他には、掛け込みと言って、地衿と一緒に縫ってしまう方法もあります。

掛け襟を衿巾に折って、地衿の上に待ち針で止めてみる。衿付けの要領と同じように襟肩開き部分はゆるみを付ける。

e0128326_1561293.jpg

かけ衿先の留め。予め地衿に掛け襟止まり(掛け衿寸法:1尺2寸5分)位置に仕付け糸で標をしておく。右部分に留めた糸が見えていますが、標位置に掛け襟をしっかりと留めて、1センチ布端側を縫い、表に返して地衿に絎けて行きます。地衿はきせを付けていないので、地衿の縫い目をすくう様にして絎ける。

e0128326_1562847.jpg

裾締め。おくみは写真の様に待ち針を3本均等にさす(目印の役目)。待ち針の位置は、表と裏に針を出す、待ち針の間は、表布だけ裾芯をすくって綴じる。以下前身ごろは待ち針5本、後見頃は待ち針7本を目印に裾を綴じて行く。

ふきの部分は、裾から6ミリ、衿下端から5ミリの位置に表2回裏1回縫う。脇の縫い目と背縫い部分は裾から6ミリ端から2ミリの位置に表3回、裏2回縫って綴じる。

糸の長さは、裾の長さ+10センチ、と習ったけど、私の場合20センチ位余分に糸が必要だった。
[PR]

by tsubara_tsubara | 2009-10-26 21:53 | 和裁のお稽古

<< 袷二枚出来上がり 衿の始末 >>